Back to page

− Links

 Print 

テリボン皮下注用 :: 医療 Wiki

illness:テリボン皮下注用

Table of contents
  • テリパラチド酢酸塩
    • 作用と効果
    • 用法・用量
    • 生活上の注意
    • 副作用
      • 重大な副作用
      • その他の副作用
    • ジェネリック医薬品

テリパラチド酢酸塩 anchor.png[1]

骨粗鬆症治療剤

  • テリボン皮下注用 (製薬会社:旭化成ファーマ株式会社)
  • テリボン 皮下注オートインジェクター (製薬会社:旭化成ファーマ株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png[2]

骨折の危険性の高い骨粗鬆症

Page Top

用法・用量 anchor.png[3]

通常、成人には、テリパラチドとして56.5μgを1週間に1回皮下注射する。
なお、本剤の投与は24ヵ月間までとすること。

Page Top

生活上の注意 anchor.png[4]

Page Top

副作用 anchor.png[5]

その主なものは、悪心、嘔吐、頭痛、けん怠感、腹部不快感、めまい 等

Page Top

重大な副作用 anchor.png[6]

  • ショック、アナフィラキシー
Page Top

その他の副作用 anchor.png[7]

副作用5%以上0.1~5%未満0.1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害-好酸球増加、好中球減少、貧血[8]、リンパ球増加-血小板減少、好塩基球増加、好酸球減少、好中球増加、赤血球減少、単球減少、白血球減少、白血球増加、ヘマトクリット[9]減少、ヘモグロビン減少、リンパ球減少
肝臓-ALP上昇、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、γ-GTP[10]上昇-肝機能障害
腎臓-BUN上昇、腎機能障害、尿中血陽性、尿中蛋白陽性、血中クレアチニン[11]増加、頻尿-慢性腎炎
神経系頭痛、めまい不眠症、意識消失、傾眠、感覚鈍麻(四肢、顔、口のしびれ感等)、振戦、頭部不快感、鎮静、感情不安定、注意力低下-記憶障害、耳鳴、しゃく熱感
循環器 心臓-血圧上昇、動悸、血圧低下、上室性頻脈、心室性期外収縮、潮紅、起立性低血圧-狭心痛、徐脈、心電図異常、蒼白
呼吸器-息詰まり感、咳嗽、喘息、鼻漏、副鼻腔炎、咽頭不快感--
消化器悪心、嘔吐、腹部不快感食欲減退、胃炎、消化不良、腹痛、下痢、逆流性食道炎、口渇、便秘、胃潰瘍、腹部膨満、流涎過多、裂孔ヘルニア、おくび、味覚異常、口内乾燥、心窩部不快感-口腔内不快感
過敏症-発疹、蕁麻疹、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎-そう痒症
代謝及び栄養-CK(CPK)上昇、血中リン減少、ALP低下-アルブミン・グロブリン比減少、血中カリウム減少、血中カリウム増加、血中カルシウム増加、血中クロール減少、血中クロール増加、血中コレステロール増加、血中ナトリウム減少、血中ブドウ糖増加、高尿酸血症[12]
筋骨格系及び結合組織障害-筋骨格硬直、肩の石灰化腱炎、背部痛、四肢痛、四肢不快感-関節痛、筋緊張、筋力低下、頚部痛、筋肉痛、骨痛
投与部位-注射部位出血、注射部位紅斑、注射部位腫脹-注射部位疼痛
その他けん怠感異常感(全身違和感、気分不良等)、発熱、胸部不快感、悪寒、胸痛、多汗症[13]、浮腫、熱感、甲状腺腫、自己免疫性甲状腺炎、脱力感、リンパ節炎、あくび、末梢冷感、眼瞼下垂、視力障害、インフルエンザ様疾患-結膜充血、胆石症、皮下結節、皮下出血、尿中ウロビリン陽性、尿中ビリルビン増加、脱毛、疼痛

Last-modified: 2019-10-31 (Thu) 10:42:08 (JST) (1015d) by kondo