.
スポンサーリンク

anchor.png

免疫抑制剤

  • タクロリムスカプセル (製薬会社:ファイザー株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

  • 下記の臓器移植における拒絶反応の抑制
    腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植
  • 骨髄移植における拒絶反応及び移植片対宿主病の抑制
  • 重症筋無力症
  • 関節リウマチ(既存治療で効果不十分な場合に限る)
  • ループス腎炎(ステロイド剤の投与が効果不十分、又は副作用により困難な場合)
  • 難治性(ステロイド抵抗性、ステロイド依存性)の活動期潰瘍性大腸炎(中等症〜重症に限る)
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 腎移植の場合
    通常、移植2日前よりタクロリムスとして1回0.15mg/kgを1日2回経口投与する。術後初期にはタクロリムスとして1回0.15mg/kgを1日2回経口投与し、以後、徐々に減量する。維持量は1回0.06mg/kg、1日2回経口投与を標準とするが、症状に応じて適宜増減する。
  • 肝移植の場合
    通常、初期にはタクロリムスとして1回0.15mg/kgを1日2回経口投与する。以後、徐々に減量し、維持量は1日量0.10mg/kgを標準とするが、症状に応じて適宜増減する。
  • 心移植の場合
    通常、初期にはタクロリムスとして1回0.03~0.15mg/kgを1日2回経口投与する。また、拒絶反応発現後に本剤の投与を開始する場合には、通常、タクロリムスとして1回0.075~0.15mg/kgを1日2回経口投与する。以後、症状に応じて適宜増減し、安定した状態が得られた後には、徐々に減量して有効最少量で維持する。
  • 肺移植の場合
    通常、初期にはタクロリムスとして1回0.05~0.15mg/kgを1日2回経口投与する。以後、症状に応じて適宜増減し、安定した状態が得られた後には、徐々に減量して有効最少量で維持する。
  • 膵移植の場合
    通常、初期にはタクロリムスとして1回0.15mg/kgを1日2回経口投与する。以後、徐々に減量して有効最少量で維持する。
  • 小腸移植の場合
    通常、初期にはタクロリムスとして1回0.15mg/kgを1日2回経口投与する。以後、徐々に減量して有効最少量で維持する。
  • 骨髄移植の場合
    通常、移植1日前よりタクロリムスとして1回0.06mg/kgを1日2回経口投与する。移植初期にはタクロリムスとして1回0.06mg/kgを1日2回経口投与し、以後、徐々に減量する。
    また、移植片対宿主病発現後に本剤の投与を開始する場合には、通常、タクロリムスとして1回0.15mg/kgを1日2回経口投与する。なお、症状に応じて適宜増減する。
  • 重症筋無力症の場合
    通常、成人にはタクロリムスとして3mgを1日1回夕食後に経口投与する。
  • 関節リウマチの場合
    通常、成人にはタクロリムスとして3mgを1日1回夕食後に経口投与する。なお、高齢者には1.5mgを1日1回夕食後経口投与から開始し、症状により1日1回3mgまで増量できる。
Page Top

ループス腎炎の場合 anchor.png

通常、成人にはタクロリムスとして3mgを1日1回夕食後に経口投与する。

潰瘍性大腸炎の場合
通常、成人には、初期にはタクロリムスとして1回0.025mg/kgを1日2回朝食後及び夕食後に経口投与する。以後2週間、目標血中トラフ濃度を10〜15ng/mLとし、血中トラフ濃度をモニタリングしながら投与量を調節する。投与開始後2週以降は、目標血中トラフ濃度を5〜10ng/mLとし投与量を調節する。

Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 急性腎不全、ネフローゼ症候群
  • 心不全、不整脈心筋梗塞狭心症、心膜液貯留、心筋障害(ST-T変化、心機能低下、心内腔拡大、壁肥厚 等)
  • 可逆性後白質脳症症候群、高血圧性脳症等の中枢神経系障害
    全身痙攣、意識障害、錯乱、言語障害、視覚障害、麻痺等の症状があらわれる場合がある。
  • 脳血管障害
    脳梗塞、脳出血 等
  • 血栓性微小血管障害
    溶血性尿毒症症候群血栓性血小板減少性紫斑病 等
  • 汎血球減少症、血小板減少性紫斑病、無顆粒球症、溶血性貧血、赤芽球癆
  • イレウス
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
  • 呼吸困難
  • 間質性肺炎
    発熱、咳嗽、呼吸困難 等
  • 感染症
    細菌性、ウイルス性、真菌性あるいは原虫性感染症が発現又は増悪することがある。また、B型肝炎ウイルスの再活性化による肝炎やC型肝炎の悪化があらわれることがある。
  • 進行性多巣性白質脳症(PML)
    意識障害、認知障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害 等
  • BKウイルス腎症
  • リンパ腫等の悪性腫瘍
    Epstein-Barrウイルスに関連したリンパ増殖性疾患あるいはリンパ腫(初期症状は発熱、リンパ節腫大 等)があらわれることがある。
  • 膵炎
  • 糖尿病、高血糖
  • 肝機能障害、黄疸
    AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-P、LDHの著しい上昇 等
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害---好中球減少、貧血、血小板増多、血小板減少、白血球増多、白血球減少、リンパ球減少
肝臓---肝機能異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇)
肝胆道系
腎臓---腎障害(BUN上昇、クレアチニン上昇、クレアチニンクリアランス低下、尿蛋白)、尿量減少、血尿、多尿、頻尿、残尿感
膵臓---アミラーゼ上昇
泌尿器
生殖系及び乳房
精神・神経系---振戦、運動失調、幻覚、しびれ、不眠、失見当識、せん妄、不安、頭痛、感覚異常、めまい、眼振、外転神経麻痺、四肢硬直、傾眠、意識混濁、うつ病、興奮
神経系
感覚器
循環器 心臓---血圧上昇、浮腫、頻脈、動悸、心電図異常、血圧低下、徐脈
血管
呼吸器
消化器---胸やけ、消化管出血、腸管運動障害、食欲不振、下痢、腹痛、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸炎、口内炎、悪心、嘔吐、腹部膨満感、下血
皮膚・皮下組織系---発疹、紅斑、そう痒、脱毛
過敏症
下垂体・副腎皮質系
免疫系
代謝及び栄養---高カリウム血症、高尿酸血症、低マグネシウム血症、CK(CPK)上昇、アシドーシス、高コレステロール血症、高リン酸血症、低リン酸血症、高クロール血症、高カルシウム血症、低カルシウム血症、低蛋白血症、低ナトリウム血症、低カリウム血症、高トリグリセリド血症、尿糖
内分泌
筋骨格系及び結合組織障害
全身
感染症
投与部位
抵抗機構
その他---疼痛、発赤、眼痛、多汗、口渇、冷感、胸痛、胸水、腹水、喘息、発熱、全身倦怠感、体重減少、ほてり、月経過多、咽喉頭異和感、筋肉痛、関節痛、味覚異常
臨床検査
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1371, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2017-04-13 (Thu) 16:08:34
Last-modified: 2017-04-13 (Thu) 16:18:13 (JST) (1470d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/13 11:27
  2. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/9 10:57
  3. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  4. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  5. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...