Back to page

− Links

 Print 

ゾフルーザ錠 :: 医療 Wiki

illness:ゾフルーザ錠

Table of contents
  • バロキサビル マルボキシル
    • 作用と効果
    • 用法・用量
    • 生活上の注意
    • 副作用
      • 重大な副作用
      • その他の副作用

バロキサビル マルボキシル anchor.png[1]

抗インフルエンザウイルス剤・キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害剤

  • ゾフルーザ錠 (製薬会社:塩野義製薬株式会社)
  • ゾフルーザTM錠 (製薬会社:塩野義製薬株式会社
Page Top

作用と効果 anchor.png[2]

ゾフルーザは、細胞内でのウイルスそのものが増えないようにする作用があります。

  • ゾフルーザ錠20mg、ゾフルーザ顆粒2%分包
    • A型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療及びその予防
  • ゾフルーザ錠10mg
    • A型又はB型インフルエンザウイルス感染症

2019年1月24日、国立感染症研究所は、インフルエンザの治療薬「ゾフルーザ」を使った患者から、治療薬に耐性をもつ変異ウイルスが検出されたと発表した。

Page Top

用法・用量 anchor.png[3]

  • 通常、成人及び12歳以上の小児には、20mg錠2錠(バロキサビル マルボキシルとして40mg)を単回経口投与する。
    ただし、体重80kg以上の患者には20mg錠4錠(バロキサビル マルボキシルとして80mg)を単回経口投与する。
  • 通常、12歳未満の小児には、以下の用量を単回経口投与する。
    体重用量
    40kg以上20mg錠2錠(バロキサビル マルボキシルとして40mg)
    20kg以上40kg未満20mg錠1錠(バロキサビル マルボキシルとして20mg)
    10kg以上20kg未満10mg錠1錠(バロキサビル マルボキシルとして10mg)
Page Top

生活上の注意 anchor.png[4]

Page Top

副作用 anchor.png[5]

  • 成人及び12歳以上の小児
    主なものは、下痢、ALT(GPT)増加
  • 12歳未満の小児
    主なものは、下痢
Page Top

重大な副作用 anchor.png[6]

Page Top

その他の副作用 anchor.png[7]

副作用1%以上1%未満頻度不明
神経系--頭痛-
消化器下痢---
その他--ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加-

Last-modified: 2020-11-29 (Sun) 20:14:29 (JST) (144d) by kondo