.
スポンサーリンク

シスプラチン(Cisplatin) anchor.png

抗悪性腫瘍剤

Page Top

作用と効果 anchor.png

がん細胞のDNAの合成を阻害して、がん細胞の増殖を抑えます。
通常、頭頸部がん食道がん胃がん胆道がん、小細胞肺がん、非小細胞肺がん骨肉腫、悪性骨腫瘍、悪性胸膜中皮腫子宮頸がん子宮体がん卵巣がん胚細胞腫瘍(精巣腫瘍、卵巣腫瘍、性腺外腫瘍)、前立腺がん、睾丸腫瘍、膀胱がん、腎盂・尿管腫瘍、尿路上皮がん、再発・難治性悪性リンパ腫、小児悪性固形がん、神経芽細胞腫の治療に用いられます。

  • 以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法
    悪性骨腫瘍、子宮体がん(術後化学療法、転移・再発時化学療法)、再発・難治性悪性リンパ腫、小児悪性固形腫瘍(横紋筋肉腫、神経芽腫、肝芽腫その他肝原発悪性腫瘍、髄芽腫 等)
Page Top

用法・用量 anchor.png

通常、静脈内に点滴注射します。頭頸部がん子宮頸がん胚細胞腫瘍前立腺がん、睾丸腫瘍:通常、1日1回、5日間連続投与し、少なくとも2週間休薬します。これを1クールとし、投与を繰り返します。

  • 食道がん胃がん、小細胞肺がん、非小細胞肺がん骨肉腫、悪性骨腫瘍、子宮体がん卵巣がん神経芽細胞腫
    通常、1日1回投与し、少なくとも3週間休薬します。これを1クールとし、投与を繰り返します。
    胆道がん:通常、1回60分かけて投与し、週1回投与を2週連続し、3週目は休薬します。これを1クールとし、投与を繰り返します。
  • 悪性胸膜中皮腫
    通常、1日1回投与し、少なくとも20日間休薬します。これを1クールとし、投与を繰り返します。
  • 尿路上皮がん
    通常、1日1回投与し、4週間ごとに繰り返します。
    再発・難治性悪性リンパ腫:通常、1日間持続投与し、少なくとも20日間休薬し、これを1クールとし、投与を繰り返します。または4日間連続持続投与し、少なくとも17日間休薬し、これを1クールとし、投与を繰り返します。
  • 小児悪性固形がん
    通常、1日1回投与し、少なくとも3週間休薬します。これを1クールとし、投与を繰り返します。もしくは、1日1回、5日間連続投与し、少なくとも2週間休薬します。これを1クールとし、投与を繰り返します。

腎臓を保護するため、この薬を注射する前と後に点滴で水分補給を行います。

吐き気を防止するため、あらかじめ吐き気止めの薬を投与する場合があります。

Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、吐き気・嘔吐、食欲不振、全身倦怠感、脱毛、貧血などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 急性腎不全
    尿の出が悪くなる、血尿が出る
  • 骨髄抑制
    発熱、寒気、咳、鼻水が出る、めまい、貧血、出血しやすい、血が止まりにくい
  • ショック、アナフィラキシー様症状
    唇や爪などが青紫色になる、胸や息が苦しくなる
  • 聴力低下・難聴、耳鳴
    高い音が聞こえにくい、耳鳴りがする
  • うっ血乳頭、球後視神経炎、皮質盲
    視力が低下する
  • 脳梗塞、一過性脳虚血発作
    意識の低下、手足のしびれ
  • 溶血性尿毒症症候群
    出血しやすい、尿の出が悪くなる、皮膚に紫色の斑点ができる
  • 心筋梗塞狭心症、うっ血性心不全、不整脈
    動悸、息切れ、胸が痛い、苦しい
  • 溶血性貧血
    皮膚や白目が黄色くなる、めまいがする
  • 間質性肺炎
    発熱、咳、胸や息が苦しくなる
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群
    尿の出が悪くなる、痙攣、意識障害
  • 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
    黄疸が出る
  • 消化管出血、消化性潰瘍、消化管穿孔
    激しい腹痛、下血
  • 急性膵炎
    上腹部の激痛
  • 血糖糖尿病
    口渇、多飲、多尿
  • 横紋筋融解症
    手足の筋肉の痛み、脱力感、赤褐色尿
  • 白質脳症
    歩行時にふらつく、舌がもつれる、痙攣、目が見えにくくなる
  • 静脈血栓塞栓症
    肺塞栓症、深部静脈血栓症等の静脈血栓塞栓症があらわれることがある。
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用---頻度不明
肝臓---AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇、γ-GTP上昇
精神神経系---末梢神経障害(しびれ、麻痺等)、言語障害、頭痛、味覚異常、意識障害、見当識障害、痙攣、レールミッテ徴候
循環器 心臓---心電図異常、レイノー様症状、動悸、頻脈
電解質---血清ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、リン、マグネシウム等の異常、テタニー様症状
消化器---悪心・嘔吐、食欲不振、下痢、口内炎、イレウス、腹痛、便秘、腹部膨満感、口角炎
皮膚・皮下組織系---脱毛、そう痒、色素沈着、紅斑
過敏症---発疹、ほてり
その他---全身倦怠感、発熱、眩暈、疼痛、全身浮腫、血圧低下、吃逆、高尿酸血症、胸痛、脱水、注射部位反応(発赤、腫脹、疼痛、壊死、硬結等)、血圧上昇
Page Top

同じ成分の医薬品 anchor.png

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1718, today: 1, yesterday: 3
Princeps date: 2015-10-04 (Sun) 21:36:39
Last-modified: 2019-04-09 (Tue) 11:00:54 (JST) (769d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 間質性肺炎 ゲスト 2021/2/9 10:57
  2. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  3. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  4. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  5. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
20 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...