.
スポンサーリンク

ロキサデュスタット(Roxadustat) anchor.png

HIF-PH阻害薬・腎性貧血治療薬

  • エベレンゾ錠 (製薬会社:アステラス製薬株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

エベレンゾ錠は、低酸素誘導因子-プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬であり、赤血球造血刺激因子製剤とは異なる働きで腎性貧血を改善します。
エベレンゾ錠は、本来、生体が低酸素状態におかれたときに持つ生理学的反応を誘導します。すなわち、正常酸素状態においても、生体内で複数の経路を調節することで赤血球の生成を活性化し、血液の酸素運搬能力を増強します。

  • 透析施行中の腎性貧血
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 赤血球造血刺激因子製剤で未治療の場合
    通常、成人には、ロキサデュスタットとして1回50mgを開始用量とし、週3回経口投与する。以後は、患者の状態に応じて投与量を適宜増減するが、最高用量は1回3.0mg/kgを超えないこととする。
  • 赤血球造血刺激因子製剤から切り替える場合
    通常、成人には、ロキサデュスタットとして1回70mg又は100mgを開始用量とし、週3回経口投与する。以後は、患者の状態に応じて投与量を適宜増減するが、最高用量は1回3.0mg/kgを超えないこととする。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 血栓塞栓症
    脳梗塞、急性心筋梗塞、シャント閉塞 等の血栓塞栓症があらわれることがある。
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用1%以上0.5~1%未満0.5%未満頻度不明
生殖系及び乳房--女性化乳房-
精神系--不眠症-
神経系--浮動性めまい-
-網膜出血--
循環器・心臓--うっ血性心不全、動悸-
呼吸器・胸郭および縦隔障害--咳嗽、間質性肺疾患-
消化器嘔吐、下痢、便秘、悪心、腹部不快感-腹痛、消化不良、胃障害-
皮膚・皮下組織系-そう痒症--
代謝及び栄養-低アルブミン血症-高カリウム血症、高リン酸塩血症、鉄欠乏、食欲減退-
全身-浮腫倦怠感-
感染症--結膜炎-
傷害、中毒及び処置合併症-シャント狭窄--
その他--医療機器内血栓-
臨床検査リパーゼ増加CK増加ALT増加-
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 238, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2019-10-09 (Wed) 17:55:31
Last-modified: 2019-12-04 (Wed) 20:10:58 (JST) (51d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/11/7 18:37
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/10/1 12:22
  3. Re: ProGRP YUMIKO 2019/9/27 8:31
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57

.
スポンサーリンク


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...