.

エピナスチン塩酸塩(Epinastine hydrochloride) anchor.png

アレルギー性疾患治療剤

  • アレジオン錠 (製薬会社:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

選択的H1受容体拮抗作用があり、また、ヒスタミンなどのアレルギー原因物質の遊離を抑えて抗アレルギー作用を示します。 通常、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹、そう痒を伴う尋常性乾癬の治療に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 喘息、蕁麻疹などの皮膚疾患
    通常、成人は1回2錠(主成分として20mg)を1日1回服用します。
  • アレルギー性鼻炎
    通常、成人は1回1~2錠(主成分として10~20mg)を1日1回服用します。 治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。

必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は、気がついた時点で、できるだけ早く飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合には、1回分を飛ばして、次の分からふだんの飲み方に戻してください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、眠気、倦怠感、頭痛、口渇、胃部不快感、吐き気、腹痛、浮腫(顔や手足のむくみ)、発疹、蕁麻疹、かゆみ、紅斑、頻尿などが報告されています。

Page Top

稀な副作用 anchor.png

  • 肝機能障害、黄疸
    全身倦怠感、食欲不振、皮膚や結膜などが黄色くなる
  • 血小板減少
    鼻血、歯ぐきの出血、手足などの皮下出血(あざ)
Page Top

ジェネリック医薬品 anchor.png

  • エピナスチン塩酸塩錠
  • アレルオフ錠
  • アプラチン内服液
  • アレジオテック錠
  • ヘルボッツ錠
  • エルピナン錠
  • アルピード錠
  • アレナピオン錠
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2786, today: 1, yesterday: 3
初版日時: 2013-02-16 (土) 15:56:16
最終更新: 2013-02-16 (土) 15:56:16 (JST) (1561d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  2. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  3. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  4. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  5. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37
  6. Re: ウルソ錠 まりな 2016/9/1 20:57
  7. Re: 遅発性ジスキネジア ひまわり 2016/8/7 3:03

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...