.

C反応性タンパク anchor.png

体に炎症や組織の破壊、細胞の壊死が起こったときに血液中に増える物質です。肺炎球菌に感染した患者から初めて発見された物質です。
肺炎球菌が持っているC多糖体に反応して結合するタンパク質という意味の英語の略でCRPと名づけられました。

  • 基準値
    定性法 陰性(-)
    定量法 0.30mg/dl以下
Page Top

何がわかるのか anchor.png

炎症が起こったときに、24時間以内に急増し、2~3日後には減少しますから、炎症の早期診断に役立ちます。また、他の検査と組み合わせることによって、急激な組織の破壊や病気の重症度、経過、治療成績などを判定することができます。

Page Top

どのような検査か anchor.png

血液を採取し、血清に試薬を混ぜ、沈殿物の有無や高さを見たり(定性法)、濃度を調べます。(定量法)

Page Top

検査を受ける時の注意 anchor.png

食事などの影響はありません。

Page Top

検査結果の判定 anchor.png

定性法で陽性(+)のときは、6段階(+~+6)に判定します。現在は定量法が主流です。
もう一つの炎症の検査の血沈検査は、始まりも回復時もCRPよりも遅れて現れますので、両者を組み合わせることで病気の経過や治癒の状態を知ることが出来ます。

Page Top

異常な場合に疑われる病気 anchor.png

感染症(特に細菌感染)、リウマチ熱、関節リウマチ膠原病、悪性腫瘍(がん)、心筋梗塞、外傷、骨折など。

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2571, today: 1, yesterday: 2
初版日時: 2011-06-24 (金) 16:43:11
最終更新: 2011-06-24 (金) 17:24:28 (JST) (2105d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  2. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  3. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37
  4. Re: ウルソ錠 まりな 2016/9/1 20:57
  5. Re: 遅発性ジスキネジア ひまわり 2016/8/7 3:03
  6. Re: 複合性局所疼痛症候群 ゲスト 2016/6/17 12:43
  7. Re: セレジスト錠 aki 2016/6/2 10:53

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...