.

病気 anchor.png

肉体的または、精神的に、体一部の機能が健康状態から逸脱し、自覚的、化学的に認識される状態である。

Page Top

病気を表す英語 anchor.png

  • illness 病気(の状態) (特定の)病気 「病気」の意味で最も一般的な語
  • disease 治療、入院を要する「病気」、病名のはっきりした「病気」に使う
  • sickness 病気(であること) illnessよりも軽く一時的で自然の治るという含みがある。
  • disorder 正式(心身機能の)不調、異常、障害、(軽い)病気
  • trouble 複合語で病気 diseaseの遠回し語
Page Top

症候群とは (syndrome) anchor.png

一群の多彩な症候で形成されるまとまった病態。
原因及び発生の機序が同一であれば、独立した疾患単位であるが、原因が多岐にわたるものもある。転じて、病的傾向を意味する接尾辞として用いる。

Page Top

疾患 症状 anchor.png

症状(symptom)は、病気によって患者の身体、精神に現れる様々な状態変化のことである。
病気にかかることを罹患(りかん)、症状が現れることを発症または発病という。
患者本人によって主観的に感じられるものを自覚症状、周囲によって客観的に感じ取られるものを他覚症状と呼んで区別する。
通常、疾患があることによって症状が生じる。しかし、医療現場では、症状が確認されても、その症状が現れる原因がよく分からない場合が多く、この場合、症状名と病名との境目が曖昧になることがある。

スポンサーリンク

投稿一覧

投稿ツリー


近々未来   投稿日時 2011/6/28 10:17 | 最終変更

投稿日時 2009-07-10 (金) 21:44:21
物理法則によって定義すべきである

serizawa   投稿日時 2011/6/28 10:18 | 最終変更

投稿日時 2009-07-28 (火) 18:21:37
関心のある方は、登録することにより編集が可能です。

近々未来   投稿日時 2011/6/28 10:18 | 最終変更

投稿日時 2009-08-04 (火) 01:11:50
続、病気を物理法則によって定義する、ということは、物理的に治療ができるということです。一つの治療法則を理解すれば、ほとんどの病気は、副作用もなく即効的に完治可能である。理論公表は、まだ条件が整わず。しかし、近々未来には

近々未来   投稿日時 2011/6/28 10:22 | 最終変更

投稿日時 2009-08-07 (金) 15:47:45
定義というものは、定義する人の視点や目的によって異なる。上に書かれているような病気の定義を「役に立たない定義」という。
医学は治療を目的とする応用科学なのであるから、定義が治療に直結するように定義しなければならない。生体内では、数多の化学反応が起きているから、治療も化学的に行えばよいと思われている。このような現代医学の考え方が間違いであり、多くの問題を生み出している。一部を除けば、病気の本質は物理的現象なのである。だから、薬を使わずに治療が可能になる。
現代医学によって否定されてきたが、鍼灸をはじめとする物理療法が有効な理由である。しかし、再現性が不安定であり、治療法を法則化できず、原理を説明することができなかった。それらを証明したというニセ科学が横行しているが、納得できるものは皆無である。
しかし、そろそろ決着をつける時かも知れぬ。

近々未来   投稿日時 2011/6/28 10:23 | 最終変更

投稿日時 2009-08-16 (日) 12:15:20
現代科学では、博物学は科学の範疇に入れないといってよい。収集と分類を繰り返すだけでは法則性を発見することができないからである。しかるに、現代医学はいまだに博物学を脱することができていない。
原因や症状によって分類し、それぞれの病気を定義していく。これでは病気の種類がどんどん増加していき、治療が困難となるだけで、病気の本質は解明できない。病気の本質とは、病気という現象の中に何らかの法則性を発見することである。
法則性があるならば、それを応用すれば治療が可能になる。

近々未来   投稿日時 2011/6/28 10:24 | 最終変更

投稿日時 2009-08-22 (土) 22:32:07
新型インフルエンザ流行拡大。予防法は、うがい・手洗い・マスクだって、ワクチンは不足しているとか。
これが現代医学の現状である、何と馬鹿げていることか、こんなことで現代医学を科学といえるのか。インフルエンザ流行中であっても、まったく対策はしません。なぜなら、ウイルスに感染しても発症しない人がいるからである。感染して発症する人を、感染しても発症しないような状態にすることができれば、それ以上の対策は必要がない。体にちょっと物理的作用を加えるだけで可能になる。インフルエンザウイルスが呼吸器に進入しても、気道粘膜のバリア機能と異物破壊機能が正常であればよいのである。
たとえ細胞内に進入しても、少数であれば発症することなく破壊され、同時に抗体が形成されるので、数年後に再感染しても発症しない体になる。現代医学と私の考え方の、どちらが科学的なのだろうか?物理法則によって、医学はパラダイム転換せざるを得ない。

近々未来   投稿日時 2011/6/28 10:25 | 最終変更

投稿日時 2009-09-05 (土) 22:35:00
続、インフルエンザ もしも、こじらせて気管支炎や肺炎などになっても、抗生物質や解熱剤などを使わずに簡単な方法で副作用もなく数時間もかからずに完治させることが可能である。
どのように物理的作用を加えるか、その法則性を知るだけで、大部分の病気は即効的に治癒可能。これはオカルトではありませんが、レッテルを貼りたければ御随意に、というしかない。
現代医学は、物理的な治療法をプラシーボ効果であるというレッテルを貼り否定してきた。
確かに大部分は疑似科学であるが、それらの中に現代物理学によって解明可能なものがあり、現代医学をはるかに上回る治療効果を得ることができるものがある。
現代医学的な意味における、原因や病名、部位・症状などは不問である。現代医学によって、非科学的であるとされてきたことが事実であるならば、間違っていたのは現代医学ということになる。
なお、他にもコメント書き込んだところがありますので、「近々未来」「失策科学」などを手がかりに芋づる式に検索していただければと思います。
これまで研究してきたことの一部がご理解できればと思います。なお、コメントの書き込みは、他のページを含め、これにてすべて終了といたします。それでは、さようなら。

ゲスト   投稿日時 2011/6/28 10:45

病気を罹患しながら就職を希望される場合、就職希望先に病気であることを伝えるか否かが問題となる。
本来、その会社の一員となるのであるから道義的に正直に伝えるべき事柄なのだが、伝えることにより就職出来る可能性が著しく下がることは否めない。 すでに会社等の組織で働いている状態において病気を発症した場合、いつ、どこで、誰に、どのような形で報告すべきかという問題が生じる。勤めている会社組織の規模、会社の風土、過去現在において病気を罹患しながら働いていた例があるか、働き易い部署への異動が可能か、可能な場合、給与の減収が生じるか、などあらゆる面から考え報告を決断しなければならない。
仮に、所属する会社組織に報告する事をしない決断をした場合、当然、今まで通り健康な人と同じようように仕事をこなさなければならず、それによる身体、精神への影響は、予想できない程のダメージを受けることになることを覚悟しなければならない。

ゲスト   投稿日時 2011/6/28 10:46

セカンドオピニオンは、患者にとって必要な良い制度です。しかし、治療を進めていく上で、現在の担当医との信頼関係を築くことは、有効な治療結果を得るためにも大切なことです。
医師の処方通り薬を飲んでいても、副作用ばかりで体調が改善されない場合、どうしても信頼関係を築くことが難しいようです。
同じ薬を服用しても効果のある患者、効果のない患者、副作用が出てしまい服用が困難になってしまう患者など、効果は千差万別です。
医師も、患者の体質、一度副作用が強く出た薬、患者の職業や生活等を考慮しながら薬を選択し処方していますので、それなりに効果が認められないとなると、他の治療薬の選択に苦悩するでしょう。

ゲスト   投稿日時 2011/6/28 10:47

病気になると体力的にも精神的にも、今までのように友人と付き合えなくなってしまうかもしれません。
友人と何か約束をしても、実際その日に体調が良いかどうかはは分りませんし、もしかしたら入院していることもあるかもしれません。
自分が病気であることを「友人に伝えている」か、それとも「伝えていない」かということでも異なるでしょう。 仮に「友人に伝えている」場合、
あなたの病気に気を使ってあまり誘わなくなってしまうかもしれません。逆に「伝えていない」場合、いつも通りあなたとの約束を楽しみに待っている事でしょう。
もしもその日に約束が守れなかったら、あなたは、信用を失ってしまうかもしれません。それでは、どうすればよいのでしょうか?
この世の中、病気ではなくとも、仕事以外で人と約束の出来ない人は大勢います。仕事の責任が重く、いつ仕事の要請があるか分からない人や、
会社や仕事関係者との関係に重きを置いているためそれ以外の人と約束出来ない人、性格的に約束事あると、精神的に重くなってしまう人、配偶者の都合で約束ができない人、家族の介護をしている人、集まりに飛び入り参加が好きな人などです。
『約束は出来ないけれど、もしも行けたら行きたいけど、それでもいいかなあ?』という感じでうまく友達が納得してくれるようになれば、
だいぶ精神的にも楽になると思います。



お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 12392, today: 2, yesterday: 5
初版日時: 2009-10-18 (日) 17:27:34
最終更新: 2011-06-28 (火) 10:48:52 (JST) (2127d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  2. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  3. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  4. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  5. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37
  6. Re: ウルソ錠 まりな 2016/9/1 20:57
  7. Re: 遅発性ジスキネジア ひまわり 2016/8/7 3:03

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...