.

概要 anchor.png

全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病のパルス療法や各種臓器移植後の、ステロイド剤の大量投与により起こります。 主に大腿骨頭に壊死が生じます。
股関節が痛んだり太ももから膝にかけて痛み、股が開かず歩けない、曲がらないなどの関節機能障害が起こります。
骨内の血流が低下し、骨組織が死んで脆くなります。壊死の範囲が広がると、体重に耐えきれずに潰れてしまいます。

Page Top

病気の症状 anchor.png

骨の圧潰が生じたときに痛みの自覚症状が現れます。初期に生じる痛みは安静にすることよって2~3週間で軽減する傾向がありますが、圧潰の進行に伴って痛みが強く出るようになります。但し、関節の可動域が狭くなるようなことはありません。

Page Top

原因 anchor.png

ステロイド薬の大量全身投与を受けた方の一部の人に発生します。 しかし、ステロイドの大量投与後に発生した場合でも、ステロイドによる直接の副作用とは考えられていません。
遺伝性の病気ではありません。

Page Top

診療科 anchor.png

Page Top

anchor.png

消炎鎮痛剤

Page Top

治療法 anchor.png

Page Top

保存療法 anchor.png

壊死の大きさや部位により良いと判断される場合や症状が発症していない場合は保存療法が行われます。
体に負荷をかけないことや安静にすりことが大事です。適正体重の維持、長距離歩行の制限、重い物を運ぶことを禁止などが指導されます。
痛みがひどい時は、消炎鎮痛剤を服用します。

Page Top

手術療法 anchor.png

自覚症状があり圧潰の進行が予想されるときは適応手術を行います。

  • 骨切り術
    若年者においては第一選択となります。 人工物置換術 壊死範囲の大きい場合や骨頭圧潰が進行した場合、特に高齢者で行われます。
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 3254, today: 3, yesterday: 1
初版日時: 2009-10-18 (日) 00:05:42
最終更新: 2013-04-30 (火) 23:25:38 (JST) (1458d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  2. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  3. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  4. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  5. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37
  6. Re: ウルソ錠 まりな 2016/9/1 20:57
  7. Re: 遅発性ジスキネジア ひまわり 2016/8/7 3:03

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...