.

CD 概要 anchor.png

クローン病は、1932年にニューヨークのマウントサイナイ病院の内科医クローン医師らによって限局性回腸炎として初めて報告された原因不明の病気です。
潰瘍性大腸炎と同様に厚生労働省により特定疾患治療研究対象疾患に指定されています。
若年者にみられ、消化管に縦長あるいは不整型の深い潰瘍を形成し、粘膜の炎症、腸管内腔が狭くなる慢性の炎症性病変です。

Page Top

症状 anchor.png

この病変は口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に発生しますが、小腸や大腸が好発部位です。 好発部位は回腸末端がもっとも多く、
次いで盲腸、上行結腸、回腸中部の順となります。 病気の症状 炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が主な症状で、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも起こります。 非連続性の病変(病変と病変の間に正常部分が存在すること)が特徴です。
クローン病の症状は患者さんによって非常に多様で、侵された病変部位によっても異なります。
特徴的な症状は腹痛と下痢です。その他、発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、全身倦怠感、貧血などの症状もあります。 またクローン病は狭窄、瘻孔、膿瘍などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、結節性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を現します。 クローン病は、再燃・再発を繰り返し慢性の経過をたどります。
完全な治癒は困難であり、症状が安定している時期(緩解)をいかに長く維持するかが重要となります。

Page Top

anchor.png

  • レミケード点滴静注用
    腫瘍壊死因子α(TNFα)を阻害することで、骨が溶解する免疫異常の抑制にも効果を発揮する薬です。
    TNFαには、悪性腫瘍(癌)などを攻撃する働きがあるので、TNFα阻害作用が強すぎて、骨髄腫などの癌を発症させてしまうリスクは考慮する必要があります。
  • ペンタサ錠(メサラジン)
    従来のさらぞするファピリジン(サラゾピリン)を改良した製剤です。 有効成分のサリチル酸が腸で溶けるように工夫されていますので、腸の患部に作用して炎症をおさえます。
    大腸だけでなく、小腸にも有効に作用します。 炎症の軽減により、下痢や腹痛もゆるやかによくなってきます。
    但し、病気の原因そのものを治すことは出来ません。
Page Top

副作用 anchor.png

  • レミケード点滴静注用
    抗TNFα抗体療法を受けると、免疫の働きが低下し、感染症にかかりやすくなることがあります。
    肝機能障害、白血球減少、好中球減少 発熱、発疹、筋肉痛
  • ペンタサ錠(メサラジン)
    膵炎、肝炎、黄疸 再生不良性貧血、汎血球減少、
    無顆粒球症、血小板減少症 間質性腎炎、ネフローゼ症候群、腎機能低下、急性腎不全 過敏性肺障害、好酸球性肺炎、肺胞炎、肺臓炎、
    間質性肺炎、肺障害、発熱、咳、呼吸困難、胸部X線異常、心筋炎、心膜炎、胸膜炎、胸水、胸部痛、心電図異常
Page Top

治療法について anchor.png

現在行われる治療は、栄養療法、薬物療法を中心とした内科的治療が一般的です。 経過中に狭窄、腸閉塞、腸管に穴があく穿孔、膿瘍、大量出血を形成した場合は手術となります。
病変部を切除しても50~60%は再発します。 栄養療法・食事療法 栄養状態の改善、腸管にやさしい食事をすることで腹痛や下痢などの症状を和らげ消化管病変を改善します。

Page Top

栄養療法 anchor.png

  • 経腸栄養
    経腸栄養療法は、抗原性を示さないアミノ酸を主体として脂肪をほとんど含まない成分栄養剤と少量のたんぱく質と脂肪含量がやや多い消化態栄養剤やかぜいん、大豆たんぱくなどを含む半消化態栄養剤があります。
  • 完全中心静脈栄養
    下記に該当する場合に行います。
    • 高度な狭窄がある場合
    • 広範囲な小腸病変が存在する場合
    • 経腸栄養療法を行えない場合
      病気の症状が落ち着いていれば、通常の食事が可能ですが、食事による病態の悪化を避けることは非常に重要です。
      一般的には低脂肪・低残渣の食事が推奨されますが、患者により病変部位や消化吸収機能が異なっているため、主治医や栄養士と相談しながら自分に合った食品を見つけることが大切です。
Page Top

薬物療法 anchor.png

主に5-アミノサリチル酸製剤、副腎皮質ステロイドや6-MPやアザチオプリンなどの免疫抑制剤が用いられます。
緩解を維持するために5-アミノサリチル酸製剤や免疫抑制剤が使われます。
上記の治療が効かない重い症状の場合や瘻孔(ろうこう)のある場合、抗TNF-α抗体が使用されることがあります。

Page Top

外科治療 anchor.png

著しい狭窄や穿孔、膿瘍などが生じ、内科的治療でコントロールできない場合には手術を行います。
手術は出来る限り、腸管を温存するために小範囲切除や狭窄形成術を行います。

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5326, today: 2, yesterday: 1
初版日時: 2009-10-15 (木) 17:04:18
最終更新: 2013-06-13 (木) 10:35:24 (JST) (1386d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  2. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  3. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37
  4. Re: ウルソ錠 まりな 2016/9/1 20:57
  5. Re: 遅発性ジスキネジア ひまわり 2016/8/7 3:03
  6. Re: 複合性局所疼痛症候群 ゲスト 2016/6/17 12:43
  7. Re: セレジスト錠 aki 2016/6/2 10:53

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...