.

グアンファシン塩酸塩 anchor.png

注意欠陥・多動性障害治療剤(選択的α2Aアドレナリン受容体作動薬)

  • インチュニブ錠 (製薬会社:塩野義製薬株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

小児期における注意欠陥・多動性障害(AD・HD)

Page Top

用法・用量 anchor.png

通常、体重50kg未満の小児ではグアンファシンとして1日1mg、体重50kg以上の小児ではグアンファシンとして1日2mgより投与を開始し、1週間以上の間隔をあけて1mgずつ、下表の維持用量まで増量する。
なお、症状により適宜増減するが、下表の最高用量を超えないこととし、いずれも1日1回経口投与すること。

体重開始用量維持用量最高用量
17kg以上25kg未満1mg1mg2mg
25kg以上34kg未満1mg2mg3mg
34kg以上38kg未満1mg2mg4mg
38kg以上42kg未満1mg3mg4mg
42kg以上50kg未満1mg3mg5mg
50kg以上63kg未満2mg4mg6mg
63kg以上75kg未満2mg5mg6mg
75kg以上2mg6mg6mg
Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

主なものは、傾眠、血圧低下、頭痛

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 低血圧(5%以上)、徐脈(5%以上)
  • 失神
  • 房室ブロック(0.5%未満)
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害
肝臓
肝胆道系
腎臓
泌尿器
生殖系及び乳房
精神系傾眠、頭痛、不眠、めまい易刺激性悪夢、感情不安定、激越、鎮静、無力症不安、うつ病嗜眠(しみん)、痙攣、過眠症
神経系
感覚器
循環器 心臓-起立性低血圧血圧上昇頻脈、洞性不整脈、蒼白、高血圧性脳症
血管
呼吸器
消化器腹痛食欲減退、悪心、便秘、下痢、口渇、嘔吐-腹部不快感、消化不良
皮膚・皮下組織系
過敏症---過敏症、発疹、そう痒
下垂体・副腎皮質系
免疫系
代謝及び栄養
内分泌
筋骨格系及び結合組織障害
全身
感染症
投与部位
抵抗機構
その他倦怠感遺尿、体重増加頻尿、ALT(GPT)上昇喘息、胸痛、脱水
臨床検査
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 53, today: 5, yesterday: 4
初版日時: 2017-04-13 (木) 14:50:30
最終更新: 2017-04-13 (木) 15:09:00 (JST) (15d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  2. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  3. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  4. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  5. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37
  6. Re: ウルソ錠 まりな 2016/9/1 20:57
  7. Re: 遅発性ジスキネジア ひまわり 2016/8/7 3:03

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...