カテゴリー選択  
 投稿日時: 2017-02-22 10:01:15 (11 ヒット)
化学・医薬品

 ファイザー株式会社は、2月17日、疼痛治療剤「リリカカプセル」(一般名:プレガバリン)の剤形追加品として、「リリカOD錠 25mg・同75mg・同150mg」(口腔内崩壊錠)の製造販売承認を取得しました。

リリカOD錠は、口腔内の唾液で速やかに崩壊し、ご高齢の患者さんでも服用しやすい剤形となっています。


 投稿日時: 2017-02-20 14:54:39 (10 ヒット)
化学・医薬品

 中外製薬株式会社は、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」を対象として開発を進めている改変型抗PD-L1モノクローナル抗体「アテゾリズマブ(遺伝子組換え)」の製造販売承認申請を行いました。

米国では、免疫チェックポイント阻害剤のアテゾリズマブは、肺癌の治療薬である抗PD-L1抗体として承認されています。


 投稿日時: 2017-02-20 14:44:35 (10 ヒット)
化学・医薬品

 イーライリリー・アンド・カンパニーとインサイト・コーポレーションは、2017年2月13日、 Olumiant®(バリシチニブ)4mgおよび2mgフィルムコート錠に関して、1剤以上の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)に効果不十分又は忍容性が低い中等度から高度疾患活動性の成人関節リウマチを適応症として、欧州委員会より製造販売を承認されました。

Olumiantは、JAK阻害剤であり、単剤、又はメトトレキサートと併用して使用できます。


 投稿日時: 2017-02-09 14:23:38 (41 ヒット)
化学・医薬品

 アストラゼネカ株式会社は、2月8日、抗血小板薬「ブリリンタ®錠60mg / 90mg」(一般名:チカグレロル)を発売しました。

ブリリンタ錠は、血小板のADP受容体(P2Y12)を直接的かつ可逆的に阻害することで効果を発揮する経口抗血小板薬で、急性冠症候群(ACS)および陳旧性心筋梗塞(OMI)を適応としています。

作用発現に肝臓での代謝活性化を必要としないため、早期からの血小板凝集阻害作用が得られ、さらにP2Y12を可逆的に阻害することから、投与終了後には速やかに作用が消失します。
また、代謝酵素の遺伝子多型による影響を受けず、効果の患者個体差が少ない薬剤です。


 投稿日時: 2017-02-09 14:11:23 (48 ヒット)
化学・医薬品

 バイエル薬品株式会社は、高リン血症治療薬ホスレノール(一般名:炭酸ランタン水和物)の口腔内崩壊タイ プ「ホスレノールOD錠 250mg」、「同 500mg」の製造販売承認を2月6日に取得しました。

服用時に噛み砕く必要がなく、チュアブル錠に比べ 40%、顆粒分包に対し 15%重量を減少し、錠剤の小型化を実現することで、高齢の慢性腎臓病(CKD)患者さんに服用しやすくなっています。
また、水分摂取に制限のある透析患者さんは、水なしで安心して服用することができます。


(1) 2 3 4 ... 46 »
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

ad


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 医療ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...