TOP > 化学・医薬品
化学・医薬品 : 緑内障・高眼圧症治療の配合点眼液 「ミケルナ®配合点眼液」 を国内で発売
 投稿日時: 2017-01-11 14:22:06 (105 ヒット)
化学・医薬品

 大塚製薬株式会社は、2017年1月11日、緑内障・高眼圧症治療の配合点眼液「ミケルナ®配合点眼液」を国内で発売しました。

緑内障は、不可逆性の視機能障害であり、現在、効果のある治療法は眼圧下降です。

ミケルナ配合点眼液は、カルテオロール塩酸塩とラタノプロストという、作用機序が異なる2つの有効成分を配合した点眼液で、カルテオロール塩酸塩の眼圧下降作用の持続化剤であるアルギン酸も配合しています。

カルテオロール塩酸塩は、非選択性のβ遮断薬で、毛様体上皮における房水産生を抑制することで眼圧を下降させます。
もう一つの有効成分であるラタノプロストは、プロスタグランジン関連薬(PGF2α誘導体)で、プロスタノイドFP受容体の活性化によるぶどう膜強膜からの房水流出を促進する作用を持ちます。



お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

ad


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 医療ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...