TOP > 化学・医薬品
化学・医薬品 : 新規抗精神病薬「ブレクスピプラゾール」 統合失調症の適応で国内申請
 投稿日時: 2017-01-07 14:23:14 (121 ヒット)
化学・医薬品

 大塚製薬株式会社は、統合失調症の治療薬として「ブレクスピプラゾール」を厚生労働省に日本国内での製造販売承認申請を行いました。

ブレクスピプラゾールは、ドパミンD2受容体及びセロトニン5HT1A受容体に結合してパーシャルアゴニストとして働き、また、セロトニン5HT2A受容体にはアンタゴニストとして働くSDAMと呼ばれる新しい作用機序を有する化合物です。

米国では、成人の統合失調症と大うつ病補助療法の2つの適応症で、レキサルティ(REXULTI)という薬名で販売されています。



お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

ad


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 医療ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...